100歳人生の準備、はじめました。

  1. 100歳人生の準備、はじめました。

「事業開始等申告書」出し忘れ!慌てて出しに行く。

「事業開始等申告書」出し忘れ!
と気づいたのは、先日まで受講していた「創業セミナー」のおかげである。

開業手続きとして教えていただいた手続きで
「あれ?必ず出す書類になっているのに、私、出していない!!」
と気づくことができた。

危ない、危ない。

届け出先は都道府県税事務所とのことなので
まず「事業開始等申告書」で検索。

東京都の場合は東京都主税局
サイトから申請用紙を入手できるので、エクセル版をダウンロード。

パソコンで必要事項を記入&プリントアウトし
早速所管の都税事務所へ。

※イメージ

ひとつ心配なのは、申告期限を約4カ月も過ぎていること。
■申告期限: 事業の開始の日から15日以内に申告をお願いします。
とある。

申告書にも、
「開始・廃止・変更等の年月日」
の記載欄がある。

ここの日付けは一旦記入せず
都税事務所に確認のうえその場で記入することに。

どうかな。怒られるかな。
ちょっと心配である。
ここはひとつ、正直に話して誠意を見せるしかない。

と、急に正直者モードになる。

そしてちょっとドキドキしながら都税事務所へ。

「すみません。事業開始等申告書を出したいのですが。
ひとつ伺ってもいいですか。」
と、開業から時間が経っていることを伝える。

が、怒られたり注意されたりすること全くなく、
▽開始・廃止・変更等の年月日:開業日を記入
▽申告日:今日の日付けを記入
と、係員の方はとてもやさしく教えてくださり
申告書にポン!と受付印を押してくださった。

受付印が押された申請書はコピーして渡してくださるそう。
私は念のため2枚同じものを持って行ったので、
2枚目にも受付印を押してくださり
それを控えとして返してくださった。

良かった、良かった。

ここでおさらい。

個人事業を始める場合、次の3つ届け出は必須!
1)個人事業の開業・廃業等届出書
  >届出先:税務署
  >届出期限:開業日から1か月以内
2)所得税の青色申告承認申請書(※)
  >届出先:税務署
  >届出期限:青色申告をしようとする年の3月15日まで
   (1月16日以降に事業を開始した場合は
開業日から2カ月以内)
  (※)青色申告を選択した場合。
3)事業開始等申告書
  >届出先:都道府県税事務所
       東京都の場合は東京都主税局
  >届出期限:自治体によって異なるが
        東京都の場合は開業日から15日以内

変更になる場合もあるので、最新情報を確認する事もお忘れなく!

100歳人生の準備、はじめました。の最近記事

  1. 【サロンOPENへの道】ずうっと後回しにしていたマイナンバーカードを急いで作った訳とは

  2. 【サロンOPENへの道】税務署主催の記帳説明会に出席。帳簿記帳の仕方など教えてもらう。

  3. 【サロンOPENへの道】Airペイの審査完了。続けてAirペイQRの審査開始の連絡が入る。…

  4. 【サロンOPENへの道】SEOは知っていたがMEOは知らなかった。Googleマイビジネス…

  5. 「事業開始等申告書」出し忘れ!慌てて出しに行く。

関連記事