100歳人生の準備、はじめました。

  1. 海外

初めての海外一人旅。留学、引っ越し、そして家と仕事探し②<ニュージーランド編>

①からの続き

振り返ると・・・同年代の日本人の女の子です。
この女の子との出会いをきっかけに、
その後の展開が大きく変わることになったのです。

「そうなんですよ。なかなか見つからなくて」

「家、いい所はすぐ決まっちゃいますよね。
私もワーホリ(ワーキングホリデービザ)で来ているんですよ。」

そんな感じで会話が始まり、お互いに情報交換。

いろいろ話しているうち、
「今晩、ここに住んでいる日本人の家で
焼き肉パーティがあるんですけど、一緒にいきます?」

既に日本の味が恋しくなっていた私に、超魅力的なお誘いの言葉。

「えー!行きたーい!!いいんですか、知らない私が行っても」
「私も誘われた方なんだけどね。きっと大丈夫だよ。」

「そういえば、これから、すぐそこにある現地旅行代理店に
行くんですけど、一緒にいきます?
そこに働いている人の家で、焼き肉するんですよ。」

掲示板からその旅行代理店までは徒歩約3分。
小さな街は、そういう面でとても便利です。

旅行代理店に入ると「いらっしゃいませー」と、
日本人のスタッフが笑顔で出迎えてくれました。

うわっ、既に懐かしい、この感じ。

日本人数名が、ニュージーランド人と思われる欧米系の
スタッフと一緒に働いています。

例の女の子をみると
「〇〇ちゃん、いらっしゃい。どうしたの?」
と一人の日本人スタッフが声をかけてきました。

そこからは
「仕事しなくていいのかーい!」
とツッコミを入れたくなるほど、オフィスのスタッフ総出で
おしゃべりタイムが始まったのです。

「この人はさっき掲示板のところで知り合った〇〇さんだよ。
最近、ワーホリで来たんだって。」
と私を紹介してくれました。

「へぇ、どこに泊まってるの?」
「最初は〇〇ホテルだったんですけど、今は〇〇ユースホステルです」
「あぁ、あそこ、いいよね」

「そういえば今晩の焼き肉、
この〇〇ちゃんも誘っちゃったけど、いいよね」
何気に様子を伺ってくれました。

「日本の食べ物、ホント久しぶりなので、すごく楽しみです!」

「〇〇さんも来るし、〇〇さんにも声かけたよ。
〇〇さんは来れるかどうかは分からないって言ってたけど、
たぶん来るんじゃないかな」

「えー、そんなに大ごとになってるの?
焼き肉って言っても『エバラ黄金の味』が一本手に入ったから、
焼き肉できるねって言っただけなのに」

「えー、そうなんだー」

そんな楽しいおしゃべりタイムを過ごし、一旦、解散。
改めて、焼き肉パーティで再集合です。

昼間友達になった女の子と待ち合わせて、焼き肉パーティの家へ向かいました。

会場になっている家は、中心部のショッピング街にある建物の2階。

へぇ、こんな所がこんな風に家になっているんだー。

建物の階段を上がり、インターフォンを押すと、中から先ほどの旅行代理店で会った女性が出てきました。

「いらっしゃーい」

招き入れられた部屋は、まるで高級ホテルのよう。
センスのいい落ち着いた内装、ムードのある間接照明。

「うわぁ、バスルームがふたつもある!」

「ひとつは来客用だよ」

海外でこんな素敵な家に住んでいるなんて、憧れでしかありません。

話を聞くと、先ほどの旅行代理店で会った女性は、そこのマネージャー。
バリバリのキャリアウーマンです。
そしてここは、日本人男性と一緒に住んでいるとのこと。

何とも素敵なカップルで、うらやましい限り。

※イメージ

『エバラ黄金のたれ』での焼き肉パーティは、
現地に住んでいる日本人がたくさん集まり、
とっても楽しいものとなりました。

しかも何と!
そこで仕事も見つかったのです。

③へつづく

ライザップイングリッシュ

海外の最近記事

  1. 初めての海外一人旅。留学、引っ越し、そして家と仕事探し④<ニュージーランド編>

  2. 初めての海外一人旅。留学、引っ越し、そして家と仕事探し③<ニュージーランド編>

  3. 初めての海外一人旅。留学、引っ越し、そして家と仕事探し②<ニュージーランド編>

  4. 初めての海外一人旅。留学、引っ越し、そして家と仕事探し①<ニュージーランド編>

  5. 履く?売る?捨てる?イタリアから日本に連れてこられた“ロングブーツ姉妹”の危機到来!

関連記事