100歳人生の準備、はじめました。

  1. ドライヘッドスパ

【サロンOPENへの道】折り畳みベッド、スツールなどの備品購入

講習ではソファーのようなリクライニングチェアを
使用していたため、サロンを開くには
同じようなチェアがないといけないのかな
と何となく思っていた。

でもある日、ちょっと待てよ、と思った。

友人や親戚の頭を貸してもらって
家で施術をする時は、畳にマットレスを引いて
そこに“寝転がって”施術を受けてもらっている。

枕代わりに畳んだタオルを使っていたため
付け根中心などはちょっとやりにくかったものの
そういえば特に問題なく施術できていた。

ということは、大きくて場所を取るチェアではなく
比較的安価&折り畳みできるベッドなら、
自宅でもやりやすい、ということだ。

この気づきが自宅でプライベートサロンを開くことに
方向転換した理由のひとつだった。

早速、インターネットで探して目途をつける。
何となくビューティガレージという所が良さそう。

サイトで気になる商品の目星をつけ、
娘と一緒に近くのショールームに実際に見に行く。
注文自体は家に帰ってからネットで出来るので便利である。

そして今日、ベッドとスツール、タオルなどが届いた。

※ビューティガレージ
https://www.beautygarage.jp/

早速開いてベッドに横になってみたところ
娘から「介護ベッドみた~い」と鋭い指摘はあったが
折りたたむとかなりコンパクトになるので
なかなか気に入っている。

スツールは、こんなものを買ってみた。
ウエストを細くするエクササイズができそうである。

※ ※ビューティガレージ
https://www.beautygarage.jp/

早速今度、また誰かの頭を借りて試してみなければ。

ドライヘッドスパの最近記事

  1. 【サロン繁盛への道】やることありすぎ?どこからやったらいいか分からない?「優先順位はこう付…

  2. 【サロン繁盛への道】Googleマイビジネス。閲覧数のうちマップ経由は約85%。Googl…

  3. 【サロン繁盛への道】やってみて分かった。自宅サロンの不便なところ3つ。

  4. 【サロン繁盛への道】何となく手に取ってもらえるチラシ。2種類作って分かった、キャッチーなチ…

  5. 【サロンOPENへの道】住宅地でドライヘッドスパの個人サロンをオープン。3カ月後に分かった…

関連記事