100歳人生の準備、はじめました。

  1. ドライヘッドスパ

【サロンOPENへの道】ベッド施術の場合の枕。ベストな高さと形は?

リクライニングのソファーでは不要なのだが、
ベッドで施術をする際は枕が必要となる。
その枕だが、準備をするとなると意外と難しい。
バスタオルを丸めて使うと高さはまあまあ良いのだが、
形がぐしゃっとなりやすく、首の付け根に手を入れる際非常にやりにくい。

※イメージ

今回、半円の枕(高さ8cm)を買って試してみたのだが
どうやら高さが高すぎる。

どの高さのどんな形のまくらがベストなのか。
納得した答えにたどり着くまでもう少し試行錯誤する必要がありそうだ。

ドライヘッドスパの最近記事

  1. 【サロン繁盛への道】やることありすぎ?どこからやったらいいか分からない?「優先順位はこう付…

  2. 【サロン繁盛への道】Googleマイビジネス。閲覧数のうちマップ経由は約85%。Googl…

  3. 【サロン繁盛への道】やってみて分かった。自宅サロンの不便なところ3つ。

  4. 【サロン繁盛への道】何となく手に取ってもらえるチラシ。2種類作って分かった、キャッチーなチ…

  5. 【サロンOPENへの道】住宅地でドライヘッドスパの個人サロンをオープン。3カ月後に分かった…

関連記事