100歳人生の準備、はじめました。

  1. ドライヘッドスパ

【サロンOPENへの道】何が難しいって、集客が一番難しい。

9月2日にサロンをオープンさせたのはいいが、
今のところ開店休業状態である。

OPENまでの作業的な事やシステム的な事は、
難しいながらも調べたりしながらどうにかやれる。
でも、お客さんだけは自分ではどうにもできないところが悩ましい。

でもひとつ心に決めていることがある。
友人だからといって、来て来て!としつこく勧誘したり
一回来たら次も来ないと気まずくなるような誘い方は
絶対にしないこと。

人間は、買い物は好きだが、買わされるのは嫌いである。
ドライヘッドスパも同じだと思う。
行きたい、行ってみたいと思って行くのは楽しいことだが
行かなければならなくなった時点で嫌になる。

私も、それはやりたくないし
やってはいけない事だと思っている。

ありがたいことに、練習のために友人が頭を貸してくれたり
知人に紹介してくださったりと、いろいろ協力してくれている。
本当にありがたいことである。
そんな友人たちに嫌な思いや気まずい思いはさせたくない。

ということで、
自分も待っているだけではなく知恵を絞って戦略を練り、
ひとつずつ試していくことにしよう。

今のところ考えているのは、
期間限定でもう少し利用しやすい料金プランを加えてみること。

今は40分4,000円、60分6,000円、90分9,000円の3コース。
これに期間限定のお試しコースということで
20分2,000円をプラスしてみようと考えている。

つまり、10分 1,000円という価値は下げずに
ハードルだけ下げる、という方法。

問題は、寝落ちチャレンジ。
現在、初回利用の方に限り、寝落ちしなかったら
2,000円キャッシュバックというオプションを
売りの一つにしている。

サロンオープン前に何人か施術した際
寝落ちに20分以上かかった人はほとんどいなかったが、
逆に20分ぎりぎりかかった人もいた。

それを20分の施術でキッチリ寝落ちさせなければならなくなる。

一瞬、20分コースの人は寝落ちチャレンジ参加NGに
しようかとも思ったが、それでは運用が複雑になるし、
そもそも自分が全然つまらなく感じてしまう。

そう。ものは考えようである。

ドライヘッドスパは、基本、原価はかからない。
自宅サロンなので、サロンのためだけに別途家賃が
かかっているわけでもないので、
経費的にも大きな問題となるわけでもない。

たとえ20分2,000円のコースで寝落ちさせられなくて
2,000円キャッシュバックになってしまい
収支ゼロになったとしても、施術経験として
自分の中に積み上げていくことができる。

一度来店していただければ、その先がつながる可能性も出てくる。

よし!
明日から20分2,000円のお試しコース、追加してみよう!
もちろん、寝落ちチャレンジ参加OKで。

※イメージ

ドライヘッドスパの最近記事

  1. 【サロンOPENへの道】ところでチラシって、何枚印刷すればいいの?必要枚数はこうやって調べ…

  2. 【サロンOPENへの道】美容一般と美容師向けのオシャレなシェアサロン続々登場!<東京>千駄…

  3. 【サロンOPENへの道】ずうっと後回しにしていたマイナンバーカードを急いで作った訳とは

  4. 頭皮活性化?ドライヘッドスパと〇〇で最大限の効果を引き出そう!でも、〇〇ってこんなに進化し…

  5. 【サロンOPENへの道】えっ?パスタを茹でている間にドライヘッドスパ??

関連記事