100歳人生の準備、はじめました。

  1. ドライヘッドスパ

【サロンOPENへの道】コワーキングスペースを利用して、サロンをもう一か所OPENしてみることに。

たまたまネットを見ていたら、自宅サロンと同じ市内に
コワーキングスペースがあることに気が付いた。

そしてなんと!そのコワーキングスペースには
施術用ベッド、施術者用椅子、ネイル用サイドテーブルが
設置された部屋があり、
ボディケア、リラクゼーション、ネイルなどでの開業を
目指す人の実践の場として利用できるようになっている。
しかも良心的な料金設定。

先月自宅サロンを開いたはいいが、駅から遠い住宅地のため
どうしても集客が難しい。
住宅地にあるサロンとしての良さや強みはあるものの、
軌道に乗るまでどうしても時間がかかる。
ちょうど、何かいい方法はないかと考えていたところだった。

そこで、最寄り駅から徒歩5分&地元商店街&
アクセスの良さが魅力のそのコワーキングスペースに
週一回、サロンスペースを借りることにした。

週に一回、そのコワーキングスペースでサロンを開き、
それ以外の曜日は自宅サロンでの営業となる。

※イメージ

自宅サロンとコワーキングスペースのサロンは
自転車で15分ほどの距離。
お客様にとっては、利用できるサロンがふたつになり
選択肢が増えるので、利便性も高くなる。

ドライヘッドスパは初期費用がほとんどかからないので
直感で「良い」と思ったことは、とりあえずやってみる。

フットワークの軽さが、個人事業主の良いところである。

今日早速、サロンの公式サイトの予約受付システムを
2店舗対応バージョンに変更。
サイト内の他のページも順次修正していかなければ。

店舗が増えることによりやらなければいけない事、
今思いつくだけでも
・コワーキングスペースのサイト掲載用原稿作成
・サロンの公式サイトのカスタマイズ(店舗情報やアクセスなど)
・Airレジ、Airペイへ連絡
・チラシ(作るかどうか、どこにどうやって配る?)
・MEO対策(Googleマイビジネス登録)
・その他ジモティやエキテンなどの無料情報サイトに掲載検討
などなど。

ほかにも、オープンにあわせて
何か楽しい&喜んでもらえる&集客につながる施策も考えたい。

不安がないといえば嘘になるが、
自分の心に素直になって
「楽しい」と思える方向に全力で進めば
少なくとも無駄も後悔も間違いもないと思っている。

ドライヘッドスパの最近記事

  1. 【サロンOPENへの道】ところでチラシって、何枚印刷すればいいの?必要枚数はこうやって調べ…

  2. 【サロンOPENへの道】美容一般と美容師向けのオシャレなシェアサロン続々登場!<東京>千駄…

  3. 【サロンOPENへの道】ずうっと後回しにしていたマイナンバーカードを急いで作った訳とは

  4. 頭皮活性化?ドライヘッドスパと〇〇で最大限の効果を引き出そう!でも、〇〇ってこんなに進化し…

  5. 【サロンOPENへの道】えっ?パスタを茹でている間にドライヘッドスパ??

関連記事