100歳人生の準備、はじめました。

  1. ドライヘッドスパ

【サロンOPENへの道】えっ?パスタを茹でている間にドライヘッドスパ??

今晩、夕食にカルボナーラのパスタを作りながら、ふと思った。
「パスタを茹でているこの10分間に
ドライヘッドスパをやるっているのはどうだろう?」

ちょっとイメージしてみた。


お客様が来る。
時間は昼休み。
近くで働いているサラリーマン3人組である。
「いらっしゃいませ。
ご注文はカルボナーラ3人前ですね。
ドライヘッドスパは一人だけですが大丈夫ですか」
注文を受け、3人分の卵をボウルに割りいれて
軽くかき混ぜる。
ここで混ぜすぎないようにするのが、
トロリとしたソースにするためのコツである。

※イメージ


続いて、おろしたてのパルミジャーノチーズをたっぷりと振り入れる。
さらに、粗挽き黒胡椒もたっぷり。
挽きたての粒胡椒だから、香りがいい。
チーズの塩味があるので、塩は少々。
今回はベーコン無しのレシピでいこう。

ソースが出来上がったところで、グラグラに沸いたお湯にパスタを投入。
タイマーのスイッチを入れる。

と同時にドライヘッドスパを受けるお客様を大至急施術室へ誘導。
即、施術用ベッドに横になってもらい、ドライヘッドスパ開始。
一緒に来た同僚2人は、テーブルで待っていてもらう。

10分ほど施術をしたところで、
「ピピッ、ピピッ、 ピピッ」
パスタが茹で上がったことを知らせるタイマーの音。
同時に、ドライヘッドスパもここまで。

今までドライヘッドスパをしていたお客様をテーブルに誘導。
私は手を洗って、パスタの仕上げに取り掛かる。

急いで鍋からパスタの湯を切り、卵ソースが入ったボウルに熱々のまま投入。
パスタの熱で、卵ソースに程よくトロミが出るので、
卵ソースが絡む程度にパスタを軽くまぜる。

3つの皿にパスタを盛り、お客様のテーブルに。
「さあ、どうぞ。
皿に残った卵ソースは、パンで拭って食べるとおいしいですよ」

※イメージ

イメージし始めたら、ちょっと長くなってしまったが
もし会社の近くにこんな店があったら、
ちょくちょく行ってしまうかも。

でも、ドライヘッドスパ10分はちょっと短いなぁ。

ドライヘッドスパの最近記事

  1. 【サロンOPENへの道】ところでチラシって、何枚印刷すればいいの?必要枚数はこうやって調べ…

  2. 【サロンOPENへの道】美容一般と美容師向けのオシャレなシェアサロン続々登場!<東京>千駄…

  3. 【サロンOPENへの道】ずうっと後回しにしていたマイナンバーカードを急いで作った訳とは

  4. 頭皮活性化?ドライヘッドスパと〇〇で最大限の効果を引き出そう!でも、〇〇ってこんなに進化し…

  5. 【サロンOPENへの道】えっ?パスタを茹でている間にドライヘッドスパ??

関連記事