100歳人生の準備、はじめました。

  1. ドライヘッドスパ

【サロンOPENへの道】住宅地でドライヘッドスパの個人サロンをオープン。3カ月後に分かったこと

個人事業主として起業し、個人サロンをオープンさせて数カ月。
住宅地にある自宅の一室で、ドライヘッドスパの
プライベートサロンとして営業をしています。

※イメージ

予約機能付きのWEBサイトを立ち上げ、
ネットで簡単に予約を受け付けられるようにしました。
SEO対策やSNSでの配信などはもちろん
ジモティなど無料広告の掲示板にも登録。
チラシもラクスルで自作し、ポスティングや新聞折り込みで配布。
Googleマイビジネスの登録もして、Googleマップで
店舗の情報も比較的上位に表示されるようにもなりました。

と、ここまでやってみて、
やっと、そしてちょっと分かってきました。

「新規立ち上げの小さなお店は、結果が出るまで時間がかかる」

ということ。
しかも、その時間というのは、
「年単位」。

お寿司屋さんののれん分けのように、
または既に固定客がいる美容師さんが独立する時のように
もともとお客さんが付いている人が店をオープンするのならともかく
(それでも初めは大変なのだと思いますが)
全く顧客が無い人が新しく店を出しても、まずお客さんは来ない。

しかも住宅地という立地なら、なおさらです。

時間をかけて、ひとり、またひとりと、
来てくださるお客さまを増やしていくしかありません。

ということで、
「時間がかかる」
ということが身に染みた今、少し軌道修正をして
時間をかけて育てていける体制を取っていこうと思っている今日この頃です。

ドライヘッドスパの最近記事

  1. 【サロン繁盛への道】Googleマイビジネス。閲覧数のうちマップ経由は約85%。Googl…

  2. 【サロン繁盛への道】やってみて分かった。自宅サロンの不便なところ3つ。

  3. 【サロン繁盛への道】何となく手に取ってもらえるチラシ。2種類作って分かった、キャッチーなチ…

  4. 【サロンOPENへの道】住宅地でドライヘッドスパの個人サロンをオープン。3カ月後に分かった…

  5. 【サロンOPENへの道】クラウド会計ソフト「freee」をやっと申し込み。開業から今までの…

関連記事